08
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

されど罪人は竜と踊る 13 

正月はADVとかやる気が起きずに小説を読み漁ってました

そんな訳で,ひさびさの感想でも
されど罪人は竜と踊るの最新刊にして13巻目についての感想
うん?12巻と0.5巻の感想がないって?
ああ,読んだよ...ただ忙しくて感想上げてないだけだわ(笑

4部構成だった『血の祝祭編』の凄まじい話も終え2部への話に期待で胸を含ませていたら
まさかの短編集とかwwwwまぁ,すげー面白かったんでいいんだけど
話を進める気があるのかないのか全くわからないわww

ではでは各章ごとに感想でも

・覇者に捧ぐ禍唄
ひとりの人間の傲慢さから生まれた切ないストーリー
テーマ的には『生への執着』だったかな?
ただ弱き人間が行う行為のことで当たり前な行為といえば行為だったという話だったが,ただ主人公が俺つえぇぇぇーーな,綺麗事で話が終わらない感じはダークファンタジーの王道を走ってて良かったかと

・朱の約束
テーマは『家族愛』
どんな馬鹿な子供でも,やはり親にとってはひとりの子供.
親の愛情が子供に全く伝わらずにすれ違い
ラストのラストで親の死によって親の真意にワイマートが気づくのは皮肉なものだったな.現実の話をするとここまで,考えてくれる家族とか友人とかリアルにいないので,読んでてかなりギャップを感じた章だったけど,ある意味こういう世界を体験できないので読んでて面白かったな.

・しあわせの後ろ姿
テーマは『嫉妬,恋愛のすれ違い,男女の価値観』だったかな?
所謂,不倫の話なんだけど,ここまで来ると,男女ともアホ過ぎて泣けてくる.
どっちも正しくないのに視点によっては正しさがでてくる面白い話だった.
スゲー興味深かったし.流石捻くれた発想の持ち主浅井ラボ先生!とも思った話だったかな.こう書くと作者の人格を否定してるみたいだけど,先生大好きですからね(笑

・黄金と泥の畔
テーマは『金』
莫大な金で親友を助けようとしたデュピイ
汚い手段で手に入れた金への葛藤,ラストの親友の死がなんともいえない
まぁ,あそこまでされれば,彼が金の猛者になっても仕方ないかな?
それにしてもこのお話で「誇りはお金で買えない」という話があったけど
誇りも持てる人もそれなりにお金もってるからね...難しいなこの問題.
因みにどうでもいいけど,個人的には,運⇒金⇒環境⇒人脈の順に人間って構成されてると思う.

・翼の在処

翼将強すぎでワロタwww
今回のバトル成分は全てこの章で持っていかれていた感があったな.
血の祝祭編でてきた奴らも凄かったけど翼将も凄すぎ,強すぎ,圧巻すぎ.
もう主人公たちはどう考えても翼将には勝てんし,戦闘に入る隙間とか全くないだろ
特に7席以上の翼将は化物じみてて最早インフレもいい所
あの巨人の王の1匹を噛ませにつかうとかデタラメすぎ.
しかも,ラキ兄弟以外の翼将全員余力を残しての勝利だったからな...
ここまで言っても何いってるかわからんと思うので
翼将の強さをわかりやすく例えると,ネテロ会長が何人もいる感じかな?
ふぁーー!って感じなるけど,読んでる僕もそうなってる.
それにしても,翼将達は王道なキャラ設定&能力だったけどかなりキャラが立ってたな!
個人的にはバロメオロの人形&数法咒式を使った攻撃方法はかなり好きだわ.
今後,7英雄とか,世界の敵,竜族,異貌のモノ,巨人族とかでてくるけど
もう,全く先の展開(敵の強さ)が謎すぎて読めないな.
まぁ,それがこのされ竜のおもしろさだと思うんだけどね.

・白球を追って
まさかのベイルズ(野球)回がくるとはwww
され竜で野球回が読める日がくるとは夢にも思わんかったw
ジヴが絡む話は大体「ジヴ怖い,ジヴ怖い,ジヴ怖い...」の話になるのは鉄板だったとして
こういう落差ある話を書ける浅井先生の引出しにただただ脱帽する.
シャオリーンの怒りの投球&謎掛け声とそれに対してのガユスの突っ込みが面白すぎた.

まったく話自体は進まなかったけど
特に今回は『富,名誉,権力,倫理』こういう感じのものが各章でフューチャーされててたため,各章ごとに違う視点で楽しめたのはよかった.やはり短編集の強みだね.
あ,あと久しぶりに,バトルもののこういう文章を読んだけど,やっぱされ竜は抜きんでてる.ソードなんちゃら,なんちゃらの劣等生,とあるなんちゃらが売れている理由が謎なほどにね

さて,どんどん敵がインフレしていくされ竜,次巻はどんな話になるのか!
さっさと,ガユスとギギナのアホな掛け合いが読みたいです.

ではでは今回印象に残った文章を〆に

「たとえば染色体は男,性的思考は異性愛で自分を女だと規定している.張りモノを付けた美少女に,穴を掘られるのが好きな人間.これは女か男か?」
「たとえば染色体は女,性的志向は同性愛で男装.異性愛の女しか愛せない人間.これは男か女か?どの点で分けたらいいのか?」
byアリカンテ

されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)
(2013/12/18)
浅井 ラボ

商品詳細を見る

STEINS;GATE -無限遠点のアルタイル-

流石に,金曜日ぐらいは遊ばせてくれ!!

約1年続いたこの小説版STEINS;GATE,それもついにラストの第3巻
前巻でタイムリープしてしまったので,ホントにちゃんと終わるのかよ?と思ったけど
かなり,うまくまとめてた!ってかむしろ完璧だったレベル!!
原作厨も納得のレベルの出来かと

そんな訳でざっくり感想でも

・あらすじとか
自分がエスパー?ってぐらい予想通りの展開でワロタww
STEINS;GATE閉時曲線のエピグラフの感想
あらすじはまさにこれ,これ以上でもこれ以下でもない!
そして,見事に吐血ww血しぶき,ぶしゃーーである.
まぁ,以下から少しまじめに感想を述べるか

・ラストのあの名シーンを繋げるエピソード
β世界線での岡部倫太郎が2010年のシュタインズゲートへ通じる岡部にビデオレターを送るまでの物語への完全補完となるエピソードとなった
原作では一位・二位を争う名場面の補完の物語となれば,ファンなら確実に楽しめたはず.
一度は紅莉栖を助けるのを諦めた岡部の心理描写や
それを奮起させるラボメンたちの想いやその応援するまでの過程が本当によく描かれてた.
また,ラストの方の比屋定と岡部の論争とかはかなり読み応えがあったわ.

・ラボメンNo.002の活躍
原作ではあまり活躍しないまゆりだが
今回の小説ではまゆりの活躍がみれる所もおもしろさポイントのひとつかな?
今まで岡部に助けて貰った恩返し,そして人質として頑張る健気さ
岡部を助けに行こうと奮起するまゆりの姿はかなり熱い展開だった.
ちなみにどうでもいいけど,彦星作戦ではまゆりはどこに行ったんろうか?
原作でいう,岡部を叩くシーンなんだろうかね

・影の主人公
原作のラストシーンに繋げるエピソードとは別に並行して描かれていたのがダル
恐らく,尺的には半分ほどはダル絡みの話だったかと
鈴羽との親子愛・未来への葛藤,また将来の妻,由紀との絡みに関して掘り下げられたのは良かったかと
あと,やっぱハッカーとしてはダル万能すぎてワロタww

・総評
アマデウスは実はレスキネンを登場させるツールでしかなかったり
椎名かがりの登場は突然だったり
リーディングシュタイナーの説明が相変わらず曖昧な感じだったりと
所々詰めの甘さが感じられる展開が目立った感じだったが
その詰めの甘さを帳消しにしてしまうラスト展開には脱帽ww
この辺はシュタゲのズルさというかなんというかなんというかなんだが...
ただ今回は「そういう世界線があったから」というお得意の逃げパターンでゴリ押された感は少なかった.この辺の要因は,岡部の紅莉栖への想い,新キャラ比屋定の活躍,ダル家の描写
そして,〆にまゆりの奮闘と...
3巻を通して,少ないキャラクター達にスポットがあてられ物語自体がブレ無かった点に軍配が上がったんだろうな
そういう意味では何度でも言うが,原作を補完する小説にふさわしい物語でした.
そんな訳で原作プレイ済みの人間は今すぐこの小説を読むべきだろJK!

では,ラストに印象に残る文章を記録しておしまい!

「私も,あなたも...最後には絶対に負けないわ.自分の足で必ず立ち上がる」by比屋定真帆

STEINS;GATE 無限遠点のアルタイル 初回限定版【書籍】STEINS;GATE 無限遠点のアルタイル 初回限定版【書籍】
(2013/09/26)
No Operating System

商品詳細を見る

憑物語

巷では,悲痛伝が発売されたみたいですが

もう,1周まわってぐるっと戻ってきた感があるww
久しぶりに化物語シリーズを読んだかと...
そして,改めて悪ノリさせた維新の文章はヒドいと再認識

ではでは,発売されて何ヶ月?ってな感じだが,ザックりと感想でもww

今巻で『100%終焉に向かう』という触れ込みだったが
何とまぁ、ふわふわした内容だったことかw
正直,また終わる終わる詐欺になりそうで困るww

まぁ、仕方ないよね...
物語の1/3は月火との風呂シーンだったからな ( ゚д゚ ) クワッ!!
何?火憐で歯ブラシがあったから,月火ファンへの救済措置?ってノリなんでしょうか?

そうだとしたら(まぁ、ないでしょうが)こいつは酷い,とにかく酷いwww

そんな訳で話が進んでんのか進んでないのかわからんが
....いや進んでないだろ!!
一応、余弦ちゃん絡みでの話が展開された『よつぎドール』
とりあえず,こんだけ伏線を残していった訳だがww

・忍野さん出番ですよw
・吸血鬼化
・羽川さんはよっ!
・ヶ原さんのターンはまだっすか?
・臥煙さん絡み

まぁ,この辺の伏線と今後の展開に期待したいというか...
維新だったらラストの巻で全てを覆す展開をもってきそうで,期待というよりハラハラの方が大きい

もう何なんだろうね?
若干EDとかどうでも良くなってきた感がある.
ただただ,キャラクターたちがどういう立ち回りを今後みせて行くぐらいしか興味が沸かないとかw

そんな訳でラスト印象に残った文章記録して終了ー.

「だってもう私,完全にお風呂な気分だもん.肉体こそまだここにあるけれど,気持ちはもう,風呂の中に入ってるもん」by阿良々木月火


憑物語憑物語
(2012/09/27)
西尾 維新

商品詳細を見る

STEINS;GATE永回帰のパンドラ

そんな訳で,小説‘STEINS;GATE永回帰のパンドラ’の感想でも

面白かったには面白かったんだが
どちらかというと,そんなのどうでもよくて
次の巻が気になるとう罠www

・あらすじ的な
シュタインズゲートの道を諦めた岡部
そこへ現れた,紅莉栖と同じ研究室のメンバー比屋定真帆の登場
八ヶ月前の牧瀬紅莉栖の記憶を基にした人口知能と『Amadeus』との出会い
そして,岡部が『Amadeus』と対面する場面からスタート

・んでんで
岡部と『Amadeus』が対面することで話が展開されていくものであろうと思っていたが,今巻はどちらかといえば,ダル及びβ世界線上の天音絡みの描写が多めだった印象的
特に未来人の天音としての心理描写
娘を思うダルの気持ちとかは割とグッとくるものがあったな.

・まさかのラスト展開ww
ひとつひとつの事柄結びつけ,岡部たちが事件に巻き込まれていく展開は相変わらず上手な書き方だと関心するレベル
そして,ラストはまさかの卓袱台返し展開!!
おいおいこれ今後どうすんだよwww
まぁ,どの世界線になったのかわからないが,これで岡部が奮起するしかなくなったな!あとは,ホントに次巻で解決するかどうかが不安である

・ドラマCD
そして弱後藤さんの全力「トゥットゥルー♪」が聴ける所がこのドラマCDの聴きどころ!!
...というのは冗談でww
ダルのぶれない鉄のハートには関心するばかりw
読者全員の妄想を体言してた彼に嫉妬するわ!
トータルで30分程度と前回のボリュームと比較すると少なくはなったが
小説版とはうってかわってコミカルな感じで物語が描かれていたのは相変わらずで良かったかと

とりあえず,今巻は展開としては面白かったには面白かったが...
ラストの描写がことの次第によってはあまり宜しくない展開に繋がりそうなんで怖い.

STEINS;GATEって世界線っていう便利な道具があるから
いくらでも,パラレルな世界を描けたり,異なったルートを描写できて便利なんだけど
これって裏を返せば,いくらでも今までの話ってなかったことにできるんだよな
その辺が心配といえば心配....

特に今作は本編とは違って短編もの,今までの行動の伏線をたったあと1巻でホントに回収しきれるの?というね
そんな訳で,少し今から不安ちゃ不安.
まぁ,こんな素人にわかが心配したってしょうがないがww

4月からは映画,ゲームと‘STEINS;GATE祭り’なんで
3巻もその勢いに乗って6月ぐらいには決着付けて貰いたい所

では,いつも通り印象に残った文章を記録して終了ー

「牧瀬紅莉栖を救おうなんて,絶対に考えるな」by岡部倫太郎


STEINS;GATE 永劫回帰のパンドラ ドラマCD付き初回限定版 【書籍】STEINS;GATE 永劫回帰のパンドラ ドラマCD付き初回限定版 【書籍】
(2013/01/25)
No Operating System

商品詳細を見る

Fate/Apocrypha

Fateシリーズスピンオフ作品の『Fate/Apocrypha』
Fateっていうシリーズが好きってこともあったけど
東出祐一郎先生著ってことで早速読んでみた!!

第1巻ってことでさっらと前置きでも

サーヴァント7騎vs7騎の全14のサーヴァントの戦い
その名も聖杯大戦!!

時系列的には
ロードエルメロイⅡ世(ウェイバー)の4次聖杯戦争にゆかりのあるがキャラが登場することから,第4次聖杯戦争以降かと

また,シロウという人物が登場するが
劇中では衛宮士郎とはひとことも記述されていないため
第5次聖杯戦争後のifストーリーかは現状では謎といった感じかな?

では,読みどころというか見所と若干の文句を合わせた感想でも!!

・英霊同士の共闘
今回のFate,陣営が‘赤’と‘黒’に分かれているんだが
この陣営内での共闘がかなり熱い!!
指しでのバトル展開は今までのFateではたくさん描かれてきたが
今回の聖杯戦争の特質上1人で戦いを望んでも,相手陣営にボこられて終了っていうのはあきらかなため
必然的に生まれたサーヴァント同士の共闘によるバトル展開...
まぁ,いいね!!これがなかなかにおもしろい!!
ランサーを前に前衛にアーチャーが援護
バーサーカーを前にだして,後衛のアーチャーが援護とかとか
そんな,今までのFateではありそうでなかった
サーヴァントと共闘とサーヴァントの複数人の戦闘シュチュエーションは新鮮でおもしろかった.

・魅力的な英霊たち集う聖杯大戦
今まで7騎という人数だったのが,今回はその倍の14騎...
当然,その中では自分の気に入ったキャラが登場するわけなんだが
困ったことに英霊が多すぎて,どのキャラを応援すればいいかわからない状態に
‘黒’,‘赤’と両陣ともいいキャラが多く
黒陣営を応援すべきなのか,赤陣営を応援すべきなのか読んでいて激しく困った.
しかも,これにジャンヌも加わるとかwwもうどうすりゃいいんだよww
まぁ,個人的には‘黒’のバーサーカーとアサシンには頑張って欲しいかな
次巻で両方とも退場しそうなキャラだけどww

・いや,7vs7ってのはいいんだけどさ
この‘黒’陣営,‘赤’陣営っていうシステムはいいんだけど
非常に読みずらかった箇所が発生していたww
従来のFateだと,クラスにつきサーヴァントも1騎だったんだが
今回は黒,赤とそれぞれ1騎ずつのサーヴァントが登場
‘黒’のセイバー,‘赤’のセイバーみたいに全部のクラスが2騎ずつ登場
この陣営分けのせいで,読んでいてたまぁによくわからなくなる羽目にww
「え?いまどっちのアーチャーなんだよww」といったように
場面(キャラ)ごとに,段落を変えているからまぁ,わからなくもないんだがww
今後,もっと混戦状態になったら読みずらくなるだろうな.
また,最初‘赤’のセイバーっていうから,完全にExtraの赤セイバーかと思ったけど
そうじゃなかったってオチ.紛らわしいことこの上ない(笑)

・さらっと真名が
Fateの醍醐味のひとつといっても過言ではない,サーヴァントの真名.
「真名なんだろう」というwktkがストーリーを彩っているのは間違いないはずなのだが...今回の『Fate/Apocrypha』では各サーヴァントすべての真名が一巻にして明らかにww
まぁ,チーム戦で行うため仕方がないと思うが
もうちょっと,濁して欲しかった感があった.

以上,見所と若干の文句ww

そんな訳で
「いやぁ,ありそうでなかったFateの世界,舞台を広げてきたなぁ.」
というのが率直な感想

作品としての出来は,全4作なそうなので全体を通してみないと評価できなので保留

まぁ,序章にしてだいぶ波乱の展開だったので
2巻でどうなってしまうのか気になるわww

・プローローグのシーンは?
・シロウの目的
・ジャンヌが召喚された訳は?
・聖杯大戦の決着は?
・誰視点で今後描かれていくのか?

とまぁ他にも色々ときになるところてんこ盛りですが
夏まで我慢しますか!!

さぁ,夏よ!!はよ!!!

さて,次はファイヤーガールだな!!!

最後に印象に残る台詞を記録

「―――来い.真の英雄,真の戦士というものをその身に刻んでやろう」by‘赤’ライダー

プロフィール

dogachi

Author:dogachi
基本は電波で,私のくだらない日常を描くこの日記
ときたま怪電波を受信し,アニメ,ゲームなどの趣味全開な電波を送信いたします.
また,相互リンクについてはお手数ですが下のカテゴリ欄の‘ドゥガチ取扱説明書’に詳細を記していますので,そちらを参照していただけると幸いです.

ドゥガチの妄想

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

!!応援中!!

『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定

ドゥガチ’s本棚

リンク

検索フォーム