06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

魔法使いの夜 感想 -番外編-

以前,発売して僅か3日でクリアした『魔法使いの夜』.
その,Archiveの‘番外編’要するにゲーム全ての要素が終了したんで
番外編の感想も含みつつ物語の気になる部分もちょいちょい記録してこうかと

あまりの期待作ってことと自分が型月ファンってことで
若干,感想の舵取りが不安だったが概ね評判と似たりよったりの感想が書けていて
ほっとしている自分がいるww⇒魔法使いの夜 感想

さて,番外編だが始める前の注意書き通り
4,5時間かかったかな?割と長かったわwww

まさかの選択肢あり!!そして,まさかの久万梨視点!!

まぁ,この選択肢ってのもゲームの味噌だった訳だが
ネタばれなんで伏せとくww

絶対に笑ってはいけない大会・・・
なにこれ,どこの幽白ですか?これ状態だった訳だが

この番外編で,あまり本編に絡んでこなかったサブキャラ・そして突然の刺客と
色々キャラの特徴とかもわかり,おまけ要素としては気合い入れすぎだろwww
といった感想かな?

まぁ,この番外編の感想はそんなもん
問題は『なぜなに?プロイ』でのラストの意味深な

次回作あるよ!!!発言!!!!

プレイしていてすぐ思ったのは

「ほう,でいつよ?それ?」

もう訓練されてた豚なんで,「わーい,やった続編あるんだ,楽しみ」って素直に喜べないwww
どこいった俺のピュアソウルwww

で,続編が,まぁ2年,3年はたまた10年後なのか知らんが
今回の本編をプレイしてみて私的に気になる所を無駄に挙げとくかな?
ネタバレ含むものなんで,気になる方は続きから見てください・・・

あと一応,恒例の私的キャラランキングでも
1位:久遠寺 有珠
2位:蒼崎 青子
3位:蒼崎 橙子
4位:静希 草十郎
5位:周瀬 律架
6位:山城 和樹
7位:久万梨 金鹿
8位:木乃美 芳助
9位:周瀬 唯架
10位:槻司 鳶丸
以下省略・・・・

次回作では是非
有珠の水着シーンを所望!!!!
黒のセパレート,面積少なめで!!!!!


あと個人的には山城先生が番外編のおかげで急上昇ww

続きを読む

魔法使いの夜 感想

とりあえず,メインプロットの物語は終えたので感想でも
現在,Archiveの‘番外編’を残した状態で今この筆を持ってる状況・・・

さて,プレイを終えた方はどんな感想を抱いたのか非常に気になる所だが
とりあえず,自分が思ったことでもつらつらと例によって箇条書きにでも

と思ったがその前に,一応作品の概要を書いといた方がよいか.

言わずもがな今回プレイした作品は『魔法使いの夜』という
あのFateで一躍有名になった‘TYPE-MOON’が企業してから2作品目の作品.
もう,TYPE-MOONって結成されてから9年ぐらい
まぁ,だいたい10年ぐらいのスパンでまだ2作品しか出してないことに驚くww
改めてこの会社の経営陣と営業力の凄さには脱帽するしかないな.

で,今回の『魔法使いの夜』だが

かの?有名な『月姫』,『空の境界』での世界を原点にして雛形とされる作品であり
『月姫』での魔法使いである蒼崎青子を主人公とし,『空の境界』の蒼崎橙子もメインキャラクターとして登場するお話.
時間軸としては,青子はまだ見習い魔術師,橙子もまだ式たちと出会う前.
また舞台となる三咲町は『月姫』の舞台であったり,『空の境界』に登場した礼園女学園とか登場し色々とリンクする部分もある.

まぁ,要するに型月厨歓喜な作品な訳なんですわww

では,以下に箇条書きに感想でも



・待たせたなぁ!!
って,大塚さんの声が聞こえてきそうなぐらい待たせてくれました.
まぁ,感想云々っていう前にってのがあるよなww
たしか,2010年9月発売予定だったものが
延期,延期を重ねて実に2年近くの歳月を果てここまで漕ぎ着けたというねww
とりあえず,プレイする前段階として
「散々待たせやがって(チィッ)」っていう感情が非常に大きかったわwww

・今後このレベルが標準になったらこの業界盛り上がるんだがな・・・

期待通りというか,予めわかっていたことだが本編は14,5時間程度で終了・・・
正直な感想,蓋を開けてみれば「もう14時間ぐらいたっていたんか・・・」
ある意味,固有結界を展開されていた訳なんだがwww
内容の濃さ(構成のよさ?),みる者を魅了する背景の細かさ,そして圧倒的な演出力
特に5章でのバトル描写は意味が不明www
結局プレイしてみて最後まで,ヌルヌル動くCG技術の謎のまま,物語に引き込まれていた自分がいた.

恐らく,ビジュアルノベル(以下,VN)の限界にチャレンジしていたというのは嘘偽りはないかと・・・
たぶん,4,5年先の技術だと思うww
まぁ,やろうと思えばやれるのかもしれんが,会社にマネーが無いんでしょう.
世知辛いっすね・・・
何はともあれ,これでバトルもののVN,ADVの敷居は確実に上がったわな.

・問題の物語の中身なんだが

どうだろう?演出面が光っていた割に期待していた以上の中身かと思えば
あくまで‘標準レベル’であったと個人的には思う.
本当に演出がおかしいんで,その辺派手さで騙されそうになるんだが・・・
最近プレイしたシュタインズゲートのような,物語全体に仕掛けがあったわけでもなく
ましては,グリザイアの果実の天音ルートのような,神がかった文章力,表現力と比較すれば,どれをとってもお粗末さまですとしか言いようがない.
なんだろう?奈須きのこ先生らしくない・・・って感じであったな.
独特な言い回し,奇妙奇天烈な文章トリック,この辺がキレイさっぱり消えていた.
この辺の奈須好きはガッカリしてしまった人がいるのかも?

しかし,このジャンルを確立した人物が描いた作品!!
・魔術師としての生き方と一般人の生き方の比較
・魔術師の最終目的とは?

この2つを中心に展開する話の安心感は
他の‘中途半端ファンシーなんちゃって魔法もの’作品をよせつけないものを提供してくれたと思う.
若干,「草十朗がやちまったぁぁぁllll」ってな展開や,「型月しかようわからんだろこの話」みたいな一見さんお断り状態には納得していない部分もあるんだが
まぁ,青子じと目が良いし,有珠も全体的にかわいいし,橙子さんの太ももエロかったし
それでいいかッ!!

そんな訳で,『魔法使いの夜』のプレイしてみての感想を記録したんだが

個人的には間違いなく,演出面でこの作品を超える作品はそうポンポンと世にでないと思う.そういう魅せるVNとしては現状最高峰のレベルの作品だっただろうかと・・・

プレイ時間の短さや,選択肢なし,声なしのためのボリューム不足に対して
フルプライスに疑問を持つ声もあるにはあるが
テキスト量,演出面を加味すればボリュームとしては個人的には許容範囲,許容範囲ww
むしろ,すきっりしててい,話に集中できて助かったぐらいの勢い.

プレイするか迷ってんであればむしろ,プレイした方がいいと思う.
きっと「得したぁっ」て思うことはないかもだが,絶対に「損したorz」とはならない作品なんでww

どの作品とは言わないが
この作品以上にフルプライスに疑問を持つ作品に最近出会ってしまったからなww
しかもこの作品よりたけーし(笑)

さて,他の作品へ文句の矛先が移りそうなんで文句はこの辺にして

日常と非日常が入り混じりつつも,展開されるこの伝奇シリーズ
そして,3人の心地良いやりとりから見え隠れする彼女らの今後もちょっぴりみたいかな?と思いつつ
〆とするか・・・

また,Archiveの‘番外編’終わったら
感想を記録する予定.まぁ,予定は未定ww

プロフィール

dogachi

Author:dogachi
基本は電波で,私のくだらない日常を描くこの日記
ときたま怪電波を受信し,アニメ,ゲームなどの趣味全開な電波を送信いたします.
また,相互リンクについてはお手数ですが下のカテゴリ欄の‘ドゥガチ取扱説明書’に詳細を記していますので,そちらを参照していただけると幸いです.

ドゥガチの妄想

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

!!応援中!!

『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定

ドゥガチ’s本棚

リンク

検索フォーム