03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ドゥガチボイトレへの道 その11

気が付いたらもう12月終わりそうとかw 
今年も何かをやり遂げたのかなぁーと今この数秒振りかえってみたけど 
あまり去年とやってることが変わってなくて「うーん??」ってなってるw 
まぁ、でも去年と同じことがやれてることはこれはこれで幸せなことなのかな?と思ったり。 

さて、今年の振り返りはまた後日やるとして! 

ボイトレの進捗。 

お陰さまで課題曲の butterfly原キーで声が出せるようになってきました! 
うれしいねー。純粋に嬉しい。最初ラストのサビまでモタなかったからね。 
そういう意味では大きな進歩ですわ。 

さて、声が出せるようになってきたと書いたけど 
そう決して歌えている訳ではないんだよね。 
高い声をだすと声が細くなってしまう。太さが足りない。 
それが今の悩み。 

さて、皆さん歌を歌うときってどこにめがけて歌うのイメージしてますかね? 

鼻?眉間?おでこ?つむじ?それとも後頭部? 

自分はキーが高くなる傾向に従って頭のつむじにめがけて歌っている癖になってる。 
ただ、これは自分にとっては正解な位置ではないらしいw 
先生の指導のもと、「鼻、眉間、おでこ、後頭部」の順で声を当てる位置を変えての発声練習を試みる。すると、眉間からおでこの間をめがけて発声すると同じキーのはずなのにちゃんと歌えるという謎の感覚に苛まれるというね。なんだこれ?説明になってない気がするけど、実際よくわかっていないのですまん(笑。 

上に上に上にとがんばってしまうと、喉がきゅー――って閉まってしまい 
そこを上がりきらないように一歩手前で引いて歌うと喉が開いた状態で歌える⇒響かせることができる!⇒優勝!!というのが上記で述べてる現象のカラクリらしい。 

まぁ、まとめていうと 
人によって高い声を出すポジションって違うらしいよー。ってお話です。 
そりゃ、ひとりひとり骨格も違うしなぁと思ったり。 
後ろに向けて歌う行為とか初めてやったけど、訳分からなくて面白かったわ! 

とりあえず、今は自分の歌い方の癖を治すのに必死っていうのと 
キーごとに歌うポジションを調整しつつ歌うのは激しく難しい。 
これを考えないで自分のものとして体得するには3年ぐらいかかるらしいよw 
あードゥガチの理想とする所への道のりは長い...。

ドゥガチのボイトレへの道 その10

久しぶりのボイトレ日記ですなー。
いやー、更新するのが飽きたとかボイトレサボってた。とかではないよ?w

単純に、にわかオフがあったり、デレ4thがあったりで他にも土日潰さなきゃならないプライベートなことがあったりでバタバタしてたりでなかなか更新したくても時間なくて(笑。

さて、以前の更新では課題曲を「butterfly」にしたよー。ってとこで日記が終わっていたんだけど…。いまこの曲を課題曲にしてから2カ月経過して、2つの大きな壁にぶち当たってる。その2点は

「音域」と「音への深み」

・音域
どなたでもいいので喉の開き方まじ教えてくれませんか?(土下座)
レッスン中に「アーーーー」と低音域から徐々に高音領域にあげて、地声から裏声に変わる瞬間の地声と裏声の間(ミックスボイスって言うらしい。)を出す練習をするんだけど、これがハイパーミラクル難しい…。
意識としては胸のちょっと上を響かせて(低音域)→喉仏の下を響かせて(中音域)→鼻の上を響かせて(高音域)→頭の天辺(更に高音域)をしていき、それをそのまま逆に発声する。胸→喉→鼻→頭→鼻→喉→胸→喉→ry。この低音域から高音域を高音域から低音域をスムーズに繰り返せるようになると常に喉が開いた状態で無理なく高音域を出せるようになるらしい…うん、らしいよ!
…発声練習してみると確かに単音での発声では綺麗にミックスボイスがでるんだけど、これが言葉、ワードになってリズムをとって歌うとなると全く歌えなくなる。息を吸ったタイミングでどんだけ喉を開いた状態で構えられるかが勝負なんだろう?と頭で分かってるんだけど、なかなか実践できない。あー、まじクソゲーすぎて草w

・音への深み
スクールの発表会で色んな人の歌声を聴く場面があって気がついたんだけど、「音程はしっかりあってるし、音は外してない。けど、上手いと感じれる人と比べると、うーん、明らかに何か物足りない。」とこの謎の感覚の正体凄い気になったので先生に早速相談。
先生「あー、ドゥガチさん、その領域に踏み込みますかー?きっと帰ってこれなくなりますよ?(笑。」煽ってくるーー、煽ってくるよーこの先生!!大好きすぎる(笑。
そして、これが実際、最後の遺言に…。今これの正体を分かってしまいそれをできるまでやりたくなるやん?となり。そして、今見事に帰って来れなくなってる…。
さて、この音の正体は"深み、響き"らしい。ポイントとしては喉を開いた状態でどこまで声を響かせられるか?、らしい…。まーた喉かよ??最初の頃は腹から声だせって言ったのに今度は喉かよ??いや、腹から声出すのは同じ音をずーっと続けたり、声量あげるベースとなるのでとても重要なんだけどね。もう、上半身全部使うよ歌って!身体を支えるために下半身を地味に使ってるけど…。あれ?全身使ってるぅぅぅぅうーー!休む暇なんてないよ、まったくもう(怒)
まぁ、イメージとしては喉を開いた状態でお腹から声をだして、背中の方から声を持ってきて、最後は頭の上を通す。簡単なお仕事だよ?これ気を抜くと直ぐにできなくなる。ハイパー集中力が必要…。そして、追い討ちのように喉が開いてるのが前提条件なので高音域での歌への深みを持たせるのが自然と難易度が上がってくる。マジ無理ゲーでワロタw

そんな訳で、"喉を開く"、"歌声に深みを持たせる"この2つのが相当高い壁としてそびえ立ってる。あとアビリティーptいくつ集めればこのスキルを手に入れられるのか謎すぎてヤバいことになってる。

唯一の救いは「声質は持って生まれた所はありますけど、喉を開くのは訓練でどうとでもなるので頑張りましょう!」とのこと、いやーまじこの先生、天使、エンジェル。

あー、歌うことって楽しいねー♪次回またなんか進展があればボイトレについては更新しまっする☆

ドゥガチボイトレの道 その8

ボイトレも8回目ですなー。とりあえず、3カ月目にして効果ありすぎることがジワリジワリと実感。自分の耳も前とは全然違う音を聴けるようになってきて楽しさ倍増だわw

つーうわけで、習ったことをメモ♪

そして、久しぶりなボイトレ日記な気がする…w
まぁ、3週間ぶりなので久しぶりだわな!

1)おしまいだよー(o・∇・o)
「ドゥガチさん…歌い方、変えました?」流石、先生速攻で気付いてくださる。そう、先月辺りから歌い方をガラッと変えました。ってかまぁ、先生のお陰なんだけどさ(笑。同じ音でも上に音を当てるの意識し始めてから苦手だった中低音が少しハッキリと出るようになったんだよね。課題曲は福山雅治の"少年"だった訳なんだが、実はこれが苦手な音のオンパレードだったという意図せぬ奇跡が発生してて訓練としては非常に自分には合っていた曲だった。この音を上に当てるのを意識して歌う行為はまだ無意識で歌える領域にはなってないので疲れるだけど、上をキープし続けることでファルセット(裏声)までのシフトも楽になるし、たとえ裏声じゃなくても高い音を出すまでのシフトも凄い楽になる。で、先生「もう、いいんじゃないですかこの曲?」→ドゥ「what?」

2)呼吸のコントロール
いやいやいや、まってまってwいいって、この曲もう完成したのかよ?(笑。俺は決して福山雅治のようにイケメンにはなってないぞ?という訳で全体的に気になってた部分をこっちから質問するスタイルにw
・語尾のキレ方
・へんな所でのビブラートの発生
・声を上に当てるの意識しているせいでの声量の低下
細かい点で色々あったけど大きく分けると3点だったかな?これ解決策としての共通項が、呼吸の仕方だった。どこまで吐きつづけて、どこで息継ぎするか。この辺が結局回りまわってブレスと腹式呼吸につながってくる。どこまで吐くかはワンフレーズの最後の音の余韻に、息継ぎは声量のコントロール及び、テンポ、アクセントにつながってくる。さて、ここまで頭で分かったけどこれをどう実行するか?って所になる。結論としては腹式呼吸の基礎さえできていれば本当にどこでブレスを入れるかのタイミングは原曲を聴いて身体に覚え込ませるしかない。本当に練習あるのみ…としかいいようがない。残念ながらそう簡単には歌は上手くはならんぞ!w

正直このボイトレに通って、歌うことってここまで繊細なもので、ワンフレーズごとに意識しなきゃいけないものなのかよ!!と驚愕することばかり。ただ高い音がでればいいとか低い音が出ればいいとかじゃねーんだよな。感情込めて歌うという行為も勿論あるんだけど、これってまず呼吸の仕方やタイミングの基礎ご定まらない限り何やっても全部小手先になって音としてはガタガタになると思う。いやー、アーティスト目指そうとか、職業にしてる人は本当これはケモノ道だよ。完全にアスリートコースw己のセンスと身体にすぐ感じ取れるかが問われるわ。歌うことが好きだけじゃメシくっていけねーわ。職業にしてるアニソン歌手たちには頭が上がらないね。

さて、そろそろ次の課題曲に移るんだが何にしよーかな?やっぱ、butterflyかなー?まぁ、その辺も含めてまた先生に相談しよー☆

アニソンってやっぱ最高だぜ!!

はい、自宅に2週間帰っていないドゥガチです。
自宅とは…?となってるw
まぁ、いいんだけどさそのお陰で東京で遊べてるから(笑。

という訳で、昨日は昼間新宿のアニバカ→そのままの足で蒲田のRootsに凸撃するというアクティブカラオケオフ会参戦というねwすごい効率的に回れて個人的には非常に充実した1日でしたー。久しぶり、ご挨拶できた人もいて良かったです!

さてさて、Rootsの定例?熱唱オフ会に久々に参戦したんで何歌ったかの感想でもー♪
因みにお題は"夜、星、宇宙"でだったよー。

1)流星群(アイドルマスターミリオンスターズ/ジュリア)
アイマス脳のドゥガチは夜、星、宇宙、と言われた瞬間最初これしかでなかったwという訳で歌ったwRootsで流星群歌うの初めてだったわ。いつか歌おうかなーと思ってたけど、なぜかここで弾を使うというね。まぁ、歌いたかったしええん?w
因みに今回ボイトレをし始めてから流星群歌うのも地味に初めてだったかも?大好きな曲だったけど、3ヶ月ぶりだった歌ったの(笑。とりあえず、低いところで高い所をキープするの意識し始めてから歌い方変わってきたと実感。すげー疲れるけど、高い所から高い所へシフトできるのですげー楽。疲れるけど楽wただ、上に当てることで声量が減ってるね…。なんやこのトレードオフw歌うって難しい。

2)Gの閃光(ガンダムGのレコンギスタ/ハセガハダイスケ)
ほら、ターンエーの500年後の宇宙世紀らしいし、宇宙じゃん?実際はどの時系列か謎らしいけどw凄い明るい曲で大好きな曲ですね。ラスサビの2つめのGのレコンギスタ外したのが悔しかったわwでもマスターハモってくれて凄い嬉しかったわー♪

3)starlight celebrate!(アイドルマスターSideM/Dramatic Stars)
結局、アイマスかよ?wってなったけど、めっちゃ星やん?これまだ練習中の曲だけど、P沢山いるから援護してもらおー!と思って歌ったわ。同僚にはの援護は嬉しかったねサンキュー♪やっぱこの曲明るくて本当にいい曲だねー。いつか、アイマス熱唱の方でちゃんと歌いきりたいね☆

以上歌った3曲でしたー。
自分が生まれる前の曲から、新しい電波曲まで、色んな曲聴けて楽しかったー。しかも、みんな歌上手いし、本当に耳福でしたー!みんな楽しく歌っているのがやはりいいねー。また、隙あらば参加したいと思います!

ドゥガチボイトレの道 その4~7

mixiには真面目に記録しているのにブログには更新していないというね。。。

あれから、真面目に通ってるよー♪
そして、めちゃくちゃ楽しくて毎回歓喜している!!

そして、最早更新がすげーめんどくさいので
一気にその7にいくわw(追記の欄に箇条書きで今までmixiに更新していたの記載しとく興味ある方は読んでみて)

さて昨日、教えて貰ったことのメモなー

1)ようはイメージの問題
ドゥガチ、中低音自分の中ではミ、ファ、ソあたりかな?
発声が凄いしずらくて、すげー困っていたんだけど上あごから上あたりをイメージしながら声を当てると全然違うことに驚く。「なんじゃこりゃーー」とw
ただ、これ今まで意識していなかったから凄い疲れるし、イメージと自分が歌っていた音を忘れないようにするには結構時間かかりそう。

2)腹で切る
なんだよ切腹、HARAKIRIかよ!?と思ったけど
喉を締めないで、喉を常に開けた状態で音を切る状態のことをいうらしい。
これ最初さっぱり妖精すぎてヤバかったわw
口を締めて、つまり喉を閉めて歌うんじゃなくて、腹から一気に空気を送り込んで音をコントロールする。単音でこれをするのスゲー疲れるし、綺麗な音、正しい音程で出すの本当に難しくて鼻水でたわ。かなり集中して発声してないと、ふにゃーとなって全然できなくなるというね。
でも、これができると喉が開いた状態でどんなテンポでも常に歌えるようになって歌い方に余裕がでるらしい。難しけどね(笑

3)意識の違い
1)でも言ったけど、呼吸法はもちろん大事。
だけど歌の呼吸に合わせて、声をどこにもってくか?
その歌いながらの意識の違いで、かなり歌い方って変わってくることに今日初めて気が付いた。
ほんとに奥が深すぎてヤバいw自分は今舌の上あたり+上の歯の位置キープしつつ、更に鼻より上に声を当てるように意識し始めてる。けどこの声を上の位置でキープし続ける行為。すげー疲れる。
まじ、アーティストって完全にアスリートだわ。瞬発力も持続力も必要。
もう、何も考えないで歌は無いということは一切できないねw
でも、一瞬でも、できたときって凄い気持ちいいし、歌うって行為凄い楽しいから
全然今のところ苦ではないよ。

さて、今までレッスンしてきて色々と基礎を教わったけど
今回、意識する&イメージするという行為が凄い大事ということを学んだ。
どのイメージが最適解なのかは先生と一緒に調整しながら進んでいこうと思うけど
曖昧な領域に入ってきた感はある。若干心配といえば心配。
どこで良い声がでてるのか?どこでちゃんと響いているのか?
これはもはや自分の声を録音しないと出来ない領域になってきているのかもだね。
あとは、反復練習。身体にとにかくイメージを刷りこませる。自転車を自然に乗れるのと同じように。今はまだ教えて貰ったばかりだから変な癖ついてないだろうし、自分の中のどこのポジションがいいのか少しずつ探っていきたいと思うよ!

続きを読む

プロフィール

Author:dogachi
基本は電波で,私のくだらない日常を描くこの日記
ときたま怪電波を受信し,アニメ,ゲームなどの趣味全開な電波を送信いたします.
また,相互リンクについてはお手数ですが下のカテゴリ欄の‘ドゥガチ取扱説明書’に詳細を記していますので,そちらを参照していただけると幸いです.

ドゥガチの妄想

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

!!応援中!!

『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定

ドゥガチ’s本棚

リンク

検索フォーム