10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾイド BD-BOX 感想

いやー全67話とうとう視聴し終わってしまったか...
今期のアニメ枠(笑)の中では質・量ともに最高レベルでした

ちょっとラスト67話は駆け足だった気がするが
ラストの‘Wild flower’が流れる所が卑怯すぎてご臨終ww

やはり,ゾイドたちが戦場を駆けまわる描写
主人公,バンのとびきりポジティブな性格と仲間を通しての成長具合
ライバルのレイブンの存在
そして,敵役もカイザーエックス(笑)を始めとして申し分ないメンツ
男子心をギュッと凝縮された神アニメだといっても過言ではないぐらい
本当に完成され隙のない作品だと67話分みて改めて思った.

約4.5kと高価な買い物だったけど
全く悔いはない!むしろお釣りがくるぐらいだよww

全く予定とかないけど,自分の息子とかできたら一緒に見せたい作品
それぐらい,いい作品でした.

また,当時リアルタイムでみていたときより結構落ち着いて視聴できたせいか
今回Boxを視聴しゾイド本編を改めて見直して気づいたことがあったんで
感想も交えて以下の続きに記述しておく!

めちゃめちゃ長くなってるけど,それだけこの作品に対して思いがあるってことでご愛嬌w


ゾイド Blu-ray BOXゾイド Blu-ray BOX
(2013/08/02)
岸尾だいすけ、大本眞基子 他

商品詳細を見る



○ゾイド本編を改めて見直して気づいたこと
1)櫻井さん出過ぎてワロタ
ガーディアンフォース編(以下GF編)で見事にラスボス‘ヒルツ’を演じられていた櫻井孝宏さん
実はGF編の前からかなり兼ね役を演じてられていたことに気が付く
兵士,部下,副官,また帝国側の兵士のロカイ,デリスとかなりの数の兼ね役を演じていた.
ここまでゾイドに関わっていたとなると,次の作品『/ZERO』で主人公を演じたのも成るべくして成ったって感じなんでしょうかね?

2)GF編以降の新ゾイドたち
リアルタイムで見ていたときは全く気が付かなかったんだが
35話~60話のGF編からウルトラザウルスが登場するまで
実に25話分,毎回新ゾイドが登場していたことに気が付くww
まぁ,新しいゾイドといっても武装が変わってたり,色違いも含まれているんだけどさ

3)レイブンつえぇぇぇぇ!!!!
当時視聴していたときは,「レイブン強いなー」ぐらいで,そこまで気にしてなかったけど,今冷静にこの作品を視聴できる年齢になって改めて視聴して見ると
強いとかいうレベルじゃなくて「レイブンまじつぇぇぇぇええ!!」ってなってて完全にギャグ.
特に42話『レイブン』の回のレイブンはホント化物じみてて頭おかしかったわ
ゴドスで拠点を潰すとかww
ガンダムでいう,ボール1機でジャブローを潰しにかかりにいってるようなもんだろ
なぜ,レイブンひとりでデスザウラー倒せなかったのか意味不明

4)ジークの鳴き声
これも当時リアルタイムで視聴していたとき気が付かなかったけど
ジークの鳴き声,話数を増すごとに人語に近づいていたんだと気が付く.
完全に聴き取れなくてもなんとなく言ってることが分かるレベルになる
特にGF編になるとジーク事態もコミカルな動きができるようになり,かなり愛嬌が増す.バンたちとのやりとりから野生ゾイドから相棒へ近づいた証拠なんですかね
まぁ,この辺は鈴木啄磨さんの演技力の凄さでもあるんだがなw

5)次回予告の作り込み
これまた,今回のBoxを購入しなければ気付かなかったことだったが
割とシリアスなときと,コミカルなときの使い分けがうまい次回予告が多い
9話以降,バン以外のキャラ(フィーネ,ムンベイ,アーバイン)が交代交代で次回予告をするんだが
全員キャラクター性があって非常に特徴があり次回予告だけでも結構面白いことに気が付く
ネタ的には,オコーネルとジークという意味不明次回予告もあったりで隙がない
まぁ,個人的には34話⇒35話のGF編へ以降する次回予告のムンベイとアーバインの掛け合いが一番好きな次回予告かな

6)作画的な
残念ながら,作画は結構乱れている
まぁ,当時のアニメ何ぞ作画なんてあってなかったようなもんだから
気にする方がどうかしてるんだけど...色々とアニメを見てきた人間にとっては嫌でも気になってしまうという罠
主に遠めの作画とかは酷かったかな?顔とか潰れちゃってたし
たまにバンのイケメン具合が話数によって上下するので見て面白いと言えば面白い
あと,フィーネの赤目の塗り忘れがあり過ぎてビビったかなw
また,CGのゾイドのほうね
これ当時みてて気が付かなかったけど
結構,同じシーンを多用していることが見てて気が付いた
走ってるシーンとかは当たり前だけど,ゾイド固有の動きは結構同じシーンを使ってることがわかった
この辺はTVシリーズを短い納期で進めるためのテクニックなんかね
まぁ,同じシーン使ってようが中身が面白いからオールオッケイだけどなww

○個人的に印象に残る回は
・第1話『惑星Ziの少年』
これほど第1話が意味がある回ほど珍しい
少年が盗賊に追われ,偶然にもジークを発見,シールドライガー覚醒,盗賊倒す,ラスト⇒フィーネ登場
この23分ほど濃密な時間を演出できるのは素直に凄いと思う

・第20話『蘇る魔獣』&第29話『大空の勇者』
まぁ,主にアーラバローネの回
こいつらが活躍する回は大体神回ww
-天定まって,また能く人に勝つ-
-我らは平和の使者,翼の男爵アーラバローネ!-
-誇り高き嵐の刃,ストームソーダーを恐れぬならかかってくるがよい!-
マジこのセリフ考えた奴優勝!!!

・第34話『帝都炎上』
デスザウラー強すぎてワロタww
良く勝てたよ

・第40話『ゾイド狩り』
GF編で初再登場のアーバインの回
地味に作画が良く,かつ単発で船長に若本を起用するという謎神回ww

・第43話『皇帝の休日』
終始トーマのギャク回と思いきや
まさかラスト3分でトーマがジェノブレーカーに蹂躙されるという
ブーメラン展開wwこの構成考えた人そうとうのサディストである.

・第67話『明日への帰還』
やはり最終回は捨てられないなー

まぁ,以上感想やら気付いたことも踏まえての感想
当時みていたより色々なことに気が付いたり,作品を思い出しながら視聴できたのはホントに良かった

そして,次のスラッシュゼロのBDBox発売はよ!!
Secret

プロフィール

dogachi

Author:dogachi
基本は電波で,私のくだらない日常を描くこの日記
ときたま怪電波を受信し,アニメ,ゲームなどの趣味全開な電波を送信いたします.
また,相互リンクについてはお手数ですが下のカテゴリ欄の‘ドゥガチ取扱説明書’に詳細を記していますので,そちらを参照していただけると幸いです.

ドゥガチの妄想

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

!!応援中!!

『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定

ドゥガチ’s本棚

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。