08
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』 感想的な何か

という訳で公開初日に観てきたよ!
劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』

いやー,観終わったあとはとにかく「頭いてぇええええ」ってなってた(笑
それもこれも,作中ずっと泣いてたせいでww

まぁ,観た感じのざっとの感想でも

劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』(★★★★☆)

・背景
2005年からのアーケードゲームから始まり
2007年から糞箱で家庭用に発売し
2011年のアニメ化
2014年にとうとう映画化
実に約9年のときを隔てての劇場版
舞台あいさつで下田さんも言ってたけど
ほんとにアーケードからここまで壮大になったわw
因みにどうでもいい情報だが,僕はアニマスから入ったにわかPです(キリッ!

・ストーリー
今回はTVシリーズ後となる完全オリジナルストーリー.
765Pとしての初のアリーナーライブが決定し,ライブまでの幾多の困難を描くことで
TVシリーズから成長した765Pメンバー13人を表現している.
また,グリマスのキャラが一部登場し作中のスパイスになっているのが特徴的かな.まぁ,細かい話はネタばれなんで,追記に書くけど
とにかく感動のあらしwww
作中の合宿やってるあたりは大丈夫だったんだけど
Pがハリウッドに行くっていうのをアイドルに打ち明けた辺りから
ずっと目から汗が出てた気がする...
お陰で,おそらくラスト付近の一番盛り上がるであろうシーンでは
もう涙が枯れ果ててたわ(笑

・見所的な
色々と見所は有るんでザッと上げとく

1)序盤の約5分間ぐらいの劇中劇
若干,この続きが観たいレベルで出来が良かったわww
この数分間で,書き下ろし曲,2曲とか勿体ないとしか言いようがなかった.
2)アイドル13人の成長具合
この辺はやっぱり観てていい所であったりしたかな?
特に雪歩,伊織あたりはかなり分かりやすいぐらいに成長してた所は結構見所
また,グリマス勢が出てきたことで各キャラ先輩としての自覚が表現されていた.
3)まぁ,やっぱラストの5分だよね
劇場に足を運んだ人はもう分かると思うけど
ラストは今回の主題歌『M@STERPIECE』のライブ描写をやるのだが
これが,カメラアングル,ライブの再現度具合とか,かなりやばいことになってるwww
また,恐らくFull,Verで12+グリマスアイドル達が活き活きと動かせるのは
やっぱ劇場版ならではの特徴なんじゃないかな?
まぁ,多少の露骨なCGが気になったけどww

・総括
細かい所で文句はあるんだけど...
キャラのかわいらしさ,ストーリー,ライブ描写はアイマスらしさが出ていたので非常に満足.
5.1chでサウンドなんで音楽も栄えるし,大きなスクリーンで動いてる彼女たちの頑張りやらを観れたのは
まさに,劇場版にしかできない描写が盛りだくさん
今回はストーリー展開が読めないってことがあって,落ち着いて観ることができなかったんで(泣きすぎてw
まぁ,もう1回ぐらいなら観るチャンスがあればみるかな?

で,以下からネタバレを含む細かい文句でも(笑



・優遇されているキャラとの差が激しすぎw
まぁ,春閣下が優遇されてるのはいつものことだから置いといて
真,あずささん,亜美,真美,響に関してはほぼ空気www
もう少しやりようがあっただろ...もはや背景だったといっても過言ではない.
ハム蔵の方が存在感でてるレベルとかギャグw
それもこれも,グリマス勢に尺を取られすぎたせいだろ

・良く言えばアイマスしてる,悪く言えば焼き増し作業
まぁ,これは賛否両論かなー?
パンフの錦織監督の言葉にも,彼女たちの成長具合云々の下りを描きたいっていう想いがあったと記述されていたので仕方ないとは思うけど
結局の所,デブ可奈が挫折するシーン,春香のリーダーとしての答えを見つける描写って
アニマスで千早が挫折して,それを春香が助け
春香が挫折して,自ら答えを見るけるっていう似たようなことを既にアニマスでやってんだよね
だから,視聴者としてはストーリー展開に新鮮さが足りなかったと言えば嘘になる.
まぁ,「個々で色んな色や意見をもってるが,グループとしては1つの集団である,これが765Pである」っていうのが
アイドルマスターであるんで正解といえば正解なんだけどね(笑

・グリマス勢の存在
これもいらなかったと言えばいらなかったかもしれない
彼女らをフューチャーするより,765Pのメンバーをもっと描いて欲しいっていうのが正直な感想
ただ,アニマスで完成されてしまった所に新作となると,やっぱ作り手の側の心中をお察しするしかない.
まぁ,難しいわな,どうみてもアニマスでやりきってたもん.
また,結局問題を起こすのはグリマス勢のアイドル達なんだが
割と理由がしょうもないというオチだったのはズコーだったかな?
あと,細かい所でダンスが踊れない云々という最大の課題があった割には作中での動きがショボイのには違和感があったわーwまぁ,彼女らがいたおかげで,765Pのメンバーが成長具合がわかりやすかったんで
プラマイゼロになってるww

そんな訳で,悪い所もちょこちょこあるにはある
だけど,ほぼ作中で泣いていた自分としては全く説得力がない!としか言いようがない(笑
まぁ,121分という長い枠でありながら体感時間はあっという間だったから
ようやりきったと思った.それにしてもアニマスのBD-Boxの発売日はいつになるんでしょうかね?
Secret

プロフィール

dogachi

Author:dogachi
基本は電波で,私のくだらない日常を描くこの日記
ときたま怪電波を受信し,アニメ,ゲームなどの趣味全開な電波を送信いたします.
また,相互リンクについてはお手数ですが下のカテゴリ欄の‘ドゥガチ取扱説明書’に詳細を記していますので,そちらを参照していただけると幸いです.

ドゥガチの妄想

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

!!応援中!!

『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定

ドゥガチ’s本棚

リンク

検索フォーム