05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31
   

徒然なるままに~

たまにはプレイべートのことでも...っていっても仕事の話なんだけどさw
まぁ、たまにはええやん?w

ここ最近アイマスのことばかり楽しく更新していたけど、実はそうでもなかった件w
それもこれも仕事が本当に忙しすぎて、死にかけていた...

具体的には2ヶ月連続で残業時間が120時間越え(土日出勤してるってのもあったけど)先日、ガイアの夜明けで‘アリさんマークの引っ越し’が月の残業時間が147時間とかいっていたけど、それに迫る勢いで吹いたわ...。(⇒気になる方は是非『これじゃ「アリ地獄」と視聴者も驚愕! 「会社と闘う者」に密着したテレ東「ガイアの夜明け」に称賛の声』
まぁ、あの糞会社はホントに糞会社だから残業代一切払わないみたいだけど、自分の会社は幸いに?体力あるので残業代は満額払って貰えるんので、それだけは唯一の救いかな?ただ、上司はもっと働いてるし、管理職は残業代一切でないからな...ホントに可哀そうだよ。上司に関してはほんと後半死ぬんじゃないかな?ってぐらい狼狽していたしね。

残業時間80時間でも頭おかしいと思ったことあるけど、流石に3ケタはホントに頭おかしくなるw今回の事態は、会社辞めたい?までは行かなかったけど働きに行きたくないってレベルまでに陥っていたwそりゃ過労死の基準が100時間になるんだな、、、となんとなく理解した(笑。特にに1月の中旬~下旬に関しては本当に病んでいたわ...。「人が楽しそうなことしてる」、「暇そうにしてるヤツ」、「ロクでもない文句を垂れてるヤツ」この辺に関しては正直、こいつら早く消えてくれねーかな?と思うまでに落ちていた(笑。普段はそんなこと思わないし、笑って「アホやってんなー」ぐらいで済むんだけど、全然それじゃ納まらない感じだったわw人間精神的に余裕ないと、こうまで醜い生き物になるんだなと何か実感...

今回は数少ない休みにアイマスのLIVEがあってほんと救われていた、、、
ほんとこれなかったら友人とかを平気で言葉で傷つけるような行為をしていたかもしれないレベルだったしねw
世の中、色んな風に仕事が辛い辛いといっているけどこの程度のレベルでツライって思うのだから、全国の日本人はほんとに我慢強いし、真面目だし、馬鹿だよねと改めて思った...。自分のプライベート時間まで削って仕事するとかどんだけ仕事好きなんだよ、愛しているんだよ!wと思う。世の中、五万とある認定されていないブラック企業があるとうわさがあるのにもかかわらず、日本が平和で毎日暴動が起こらないのはほんとアホの集団なんだなと思ったりもした。‘家庭をもっていたり、次の仕事が見つかるか不安、能力が無いから、上司がアホ過ぎて言っても無駄’とか色んな思惑がめぐってんだろうな...そう考えると世の中の大半が理性をなんとか保って仕事してるんだろうなと思ったり。
まぁ、楽して稼ぐならいくらでも手段はあるし(強盗とか、俺俺詐欺とか、犯罪に手を染めれば一瞬で金稼げる)でも、やっぱりそれは人間辞めることになるしね。

あああああーーーー、なんか脈絡が変になってきたからこの辺でやめるけど
働きすぎってよくない!ほとに駄目絶対!!
あと、身体に障害があるとじゃない以外、世の中の引きニートやフリーターはホント根情無さすぎて草生えるなーーー。もっと危機感もてよwww諦めてんじゃねーよwwww(まぁ、真面目な奴が正当に評価されない、一回レールから外れると復帰できない日本の体質も大いに悪いんだけど)と今回の一件で痛感したわ。

でもまぁ、今回の件は昨日で年末から続いた社内の爆発案件は国家委託試験を無事通り部内全体で安堵w
30年勤めてる上司も言っていたけど、「こんなに大変な開発テーマは初めてだったと...」言ってたぐらいだったしね。来年度も東京オリンピックを視野に入れたデカいテーマが控えていてそれに既にメンバーに加わっているので死なない程度に仕事テキトーにやっていきたいね。なにごともほどほど、普通が一番なんだよと痛感した二ヶ月だったわ!以上!!
Secret

プロフィール

dogachi

Author:dogachi
基本は電波で,私のくだらない日常を描くこの日記
ときたま怪電波を受信し,アニメ,ゲームなどの趣味全開な電波を送信いたします.
また,相互リンクについてはお手数ですが下のカテゴリ欄の‘ドゥガチ取扱説明書’に詳細を記していますので,そちらを参照していただけると幸いです.

ドゥガチの妄想

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

!!応援中!!

『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定

ドゥガチ’s本棚

リンク

検索フォーム