04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ドゥガチのボイトレへの道 その10

久しぶりのボイトレ日記ですなー。
いやー、更新するのが飽きたとかボイトレサボってた。とかではないよ?w

単純に、にわかオフがあったり、デレ4thがあったりで他にも土日潰さなきゃならないプライベートなことがあったりでバタバタしてたりでなかなか更新したくても時間なくて(笑。

さて、以前の更新では課題曲を「butterfly」にしたよー。ってとこで日記が終わっていたんだけど…。いまこの曲を課題曲にしてから2カ月経過して、2つの大きな壁にぶち当たってる。その2点は

「音域」と「音への深み」

・音域
どなたでもいいので喉の開き方まじ教えてくれませんか?(土下座)
レッスン中に「アーーーー」と低音域から徐々に高音領域にあげて、地声から裏声に変わる瞬間の地声と裏声の間(ミックスボイスって言うらしい。)を出す練習をするんだけど、これがハイパーミラクル難しい…。
意識としては胸のちょっと上を響かせて(低音域)→喉仏の下を響かせて(中音域)→鼻の上を響かせて(高音域)→頭の天辺(更に高音域)をしていき、それをそのまま逆に発声する。胸→喉→鼻→頭→鼻→喉→胸→喉→ry。この低音域から高音域を高音域から低音域をスムーズに繰り返せるようになると常に喉が開いた状態で無理なく高音域を出せるようになるらしい…うん、らしいよ!
…発声練習してみると確かに単音での発声では綺麗にミックスボイスがでるんだけど、これが言葉、ワードになってリズムをとって歌うとなると全く歌えなくなる。息を吸ったタイミングでどんだけ喉を開いた状態で構えられるかが勝負なんだろう?と頭で分かってるんだけど、なかなか実践できない。あー、まじクソゲーすぎて草w

・音への深み
スクールの発表会で色んな人の歌声を聴く場面があって気がついたんだけど、「音程はしっかりあってるし、音は外してない。けど、上手いと感じれる人と比べると、うーん、明らかに何か物足りない。」とこの謎の感覚の正体凄い気になったので先生に早速相談。
先生「あー、ドゥガチさん、その領域に踏み込みますかー?きっと帰ってこれなくなりますよ?(笑。」煽ってくるーー、煽ってくるよーこの先生!!大好きすぎる(笑。
そして、これが実際、最後の遺言に…。今これの正体を分かってしまいそれをできるまでやりたくなるやん?となり。そして、今見事に帰って来れなくなってる…。
さて、この音の正体は"深み、響き"らしい。ポイントとしては喉を開いた状態でどこまで声を響かせられるか?、らしい…。まーた喉かよ??最初の頃は腹から声だせって言ったのに今度は喉かよ??いや、腹から声出すのは同じ音をずーっと続けたり、声量あげるベースとなるのでとても重要なんだけどね。もう、上半身全部使うよ歌って!身体を支えるために下半身を地味に使ってるけど…。あれ?全身使ってるぅぅぅぅうーー!休む暇なんてないよ、まったくもう(怒)
まぁ、イメージとしては喉を開いた状態でお腹から声をだして、背中の方から声を持ってきて、最後は頭の上を通す。簡単なお仕事だよ?これ気を抜くと直ぐにできなくなる。ハイパー集中力が必要…。そして、追い討ちのように喉が開いてるのが前提条件なので高音域での歌への深みを持たせるのが自然と難易度が上がってくる。マジ無理ゲーでワロタw

そんな訳で、"喉を開く"、"歌声に深みを持たせる"この2つのが相当高い壁としてそびえ立ってる。あとアビリティーptいくつ集めればこのスキルを手に入れられるのか謎すぎてヤバいことになってる。

唯一の救いは「声質は持って生まれた所はありますけど、喉を開くのは訓練でどうとでもなるので頑張りましょう!」とのこと、いやーまじこの先生、天使、エンジェル。

あー、歌うことって楽しいねー♪次回またなんか進展があればボイトレについては更新しまっする☆
Secret

プロフィール

dogachi

Author:dogachi
基本は電波で,私のくだらない日常を描くこの日記
ときたま怪電波を受信し,アニメ,ゲームなどの趣味全開な電波を送信いたします.
また,相互リンクについてはお手数ですが下のカテゴリ欄の‘ドゥガチ取扱説明書’に詳細を記していますので,そちらを参照していただけると幸いです.

ドゥガチの妄想

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

!!応援中!!

『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定

ドゥガチ’s本棚

リンク

検索フォーム