FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

グリザイアの果実 感想 ―幸ルート―

小嶺 幸(CV:岡村美佳沙)
通称,サッちゃん,サッちん
属性,天然メイド委員長

学園の1年生ながらもクラスの委員長を任される.
天然かつ礼儀正しい腹黒メイド

しかし,彼女の場合この天然というレベルが半端じゃない

一度,他人から頼まれたことは冗談であろうがなんであろうが
さからわず忠実にこなそうとする.

例えば,「マムシ料理が食べたい」と彼女に頼めば
鰻料理ではなく,本当にマムシ料理が出てきたり

「日本で一番美味しい牛乳が飲みたい」といえば
その場で,北海道まで行こうと言う始末ww

ってな訳
度が過ぎるほどマジメで天然な,キュートな困ったちゃんでもある

まぁ,プレイしていて話の焦点はこの異常な性格の原因が話の焦点になるんだろうなー
と,ある程度予測してたのだが

まさか,まさか予測を裏切る涙腺崩壊ENDwww
個人的には感動という意味では天音ルートより幸ルートの方が強かったかな?

では以下から壮大なネタばれを含む感想をば



また,例によって彼女の過去話をしないと
うまく,このゲームの感想を述べられないww

前置きが大事な気もするが
色々と前置きは省く

なんやかんやで彼女の異常な性格の原因は
親の事故死がきっかけ.(飲酒運転者の巻き込みによる交通事故)

彼女は10歳の誕生日の当日に親にわがままを言い

この自分のわがままのせいで
「親が事故にあってしまったのではないのか?」
「あの日にわがままを言ってなければ事故は起きなかったかもしれない.」
と,彼女が激しく思いこんでしまうところが話のミソかな?

そう,自分のせいで親を事故に合わせてしまったというのが
幸の罪?でいいのかな?

この強い自責のせいで
彼女が強いストレスを抱え精神病になってしまい

この精神的ストレスを防衛する方法が
生真面目な性格へと変貌するスイッチになっていた.

まぁ,この真面目さが幸の罰になってるという対比かな?

で,確かに親が目の前で交通事故にあってしまい
トラウマになるのは分かるには分かるのだが・・・

この幸ルート,正直に言うと
ちょっと設定に無理が色々あったかな?

さらに,追い打ちをかけるが如く
実は主人公と幸は昔,一緒に遊んでいた仲だったっていう

なんか,実は主人公とは幼馴染だったっていう展開ww

あまりに,幸ルートに入る前の日常パートで
見事に匂わせてくれないので・・・
どうしても,あと付けで無理あり主人公と接点を持たせたという
風にみえても仕方がない
もうちょっと伏線みないなものを貼って欲しかったかな?

で,話の流れとして
主人公がこの幸の精神病を直そうと色々努力するのだが

ストーリーが進んでいくごとに,主人公のおかげといより
クラスメイトのおかげで,幸の精神病が段々と治っていく・・・・

幸がクラスメイト協力のもとに
元の幸に戻る仮定はいいのだが

え?主人公あまり活躍してないww
と突っ込みを入れながらプレイしている自分がいた.

最後の爆破シーンも結局
JBとまきねーさんいないとできなかったしな.

・・・・しかし,この幸ルート
このごり押しな展開を凌駕する.

最後の凄い涙腺崩壊オチが待ってるとは
夢にも思わなかった(笑)

家族の優しさENDやめれww
泣くしかないじゃないかwww
蛇口がどんどん緩んでいくぅぅう.

最後の最後にそれはずるいよ!!!

ってな訳で,ごり押しさ加減に目をつぶれば
「終わり良ければ全てよし」という言葉が当てはまる.
そんな幸ルートでしたかね?
Secret

プロフィール

dogachi

Author:dogachi
基本は電波で,私のくだらない日常を描くこの日記
ときたま怪電波を受信し,アニメ,ゲームなどの趣味全開な電波を送信いたします.
また,相互リンクについてはお手数ですが下のカテゴリ欄の‘ドゥガチ取扱説明書’に詳細を記していますので,そちらを参照していただけると幸いです.

ドゥガチの妄想

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

!!応援中!!

『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定

ドゥガチ’s本棚

リンク

検索フォーム