08
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

俺の妹がこんなに可愛いわけない(8)

いやー流石ラノベ,本当に一瞬で読み終える.

だいぶ時期が発売から遅くなったが今回読んだのは

俺の妹がこんなに可愛いわけない(8)

読んでみたの簡単に感想を記録.

前巻は桐野との関係に決着がつき
よいよい黒猫のターンか?と思いきや・・・・

今巻でとうとう自分の中で俺いもは終わったコンテンツへ昇格してしまいました.
非常に残念↓↓↓

いつからこんなラブコメ要素を入れてくれ!!
なんて頼んだのだろうか

キャラ設定もそうだが初期設定と相当変わってしまった.

以前からの不安が見事に花咲いてしまい
物語の軸(主旨)がぶれるという象徴的な巻になってしまったのが印象的.

いつから,こんなに桐野は良い奴になり
いつから,こんなに黒猫押しになり
いつから,麻奈美はディスられたのか

確かに今巻で京介と桐野の関係を深めるための描写を描くため
黒猫をツールとして扱うのはいいのだが,空回りしているとしか言わざるおえない.

とにかく,もう第1巻のような勢いと面白さ完全になくなった.
まぁ,なぜこのような事態の原因は大体予想はつくが・・・

まず,アニメへの意識
アニメから入った人への配慮なのか,意味もなくアニメの要素を入れたがる
そういうことされると,非常にあと付け感が倍増してしまい読んでいてガッカリしかしない

次に,読者投票による反映
きっとこれが一番の問題だと思う.読者投票によるEDの決定.
どんなEDを迎えるのかどうかなんて知りませんが,こう話が一転二転三転と変わっていくせい
ただただ遅延プレイしてるようにしか思えなくなってきてる.

そもそも小説って,読んでくれる人がいて完成するのは間違いなと思うのだが
こういうものって,ゲームとは違うのだから読者(第3者)が介入して一緒に作って面白くしてくっていう行為自体どうだろう?と疑問に思えてくる.

面白いって思えるのためのパラメーターは
作者の独自の考えに対してどれくらいの読者が共感できるかという点と
もうひとつは,読者が思ってもみないものを描くのがポイントだと思う.

一見言ってることが矛盾してる2つの項目だけど,これを満たすときにおもしろいと思う作品になっているかと

特に‘俺いも’ではギャップというか,予想を遥か斜め上に行く著作権ギリギリの感じがいままで面白かったのに
1巻と比較すると相当レベルが落ちてると言わざるおえない・・・

要するに簡単に言うと「読者に媚びるなよ!!」と
プロなら自分の考えたもの作品を読者に提供して頑張ってほしい
ってか,確実に黒猫が主人公と同じ高校に入学してくるまでの巻はおもしろかったのだから
伏見さんの独自の考えで全然いけると思う.

と,小説家でも評論家でもない一般市民が言ってみる.
所詮は戯言www
そもそも,じゃあお前面白い文書けんのかよと言われれば,素直に土下座するしかないんで

愛情の裏表現と思ってもらえばー

では最後に印象に残った文を記録
「・・・・・いまの私は聖天使”神猫”.闇の眷属から,白き天使へと転生した存在よ」by黒猫

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫)
(2011/05/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る
Secret

プロフィール

dogachi

Author:dogachi
基本は電波で,私のくだらない日常を描くこの日記
ときたま怪電波を受信し,アニメ,ゲームなどの趣味全開な電波を送信いたします.
また,相互リンクについてはお手数ですが下のカテゴリ欄の‘ドゥガチ取扱説明書’に詳細を記していますので,そちらを参照していただけると幸いです.

ドゥガチの妄想

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

!!応援中!!

『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定

ドゥガチ’s本棚

リンク

検索フォーム