07
2
3
6
8
10
11
14
15
17
18
22
25
26
28
29
30
31
   

グリザイアの果実 感想 ―由美子ルート―

就活やら地震やら研究やらで,忙しさのせいで感想を記録すんのがかなり遅れてしまった.
もう由美子ルートクリアしてたぶん一ヶ月ぐらいたってて記憶が曖昧なのでシーン回想を頼りに感想をば

榊由美子(CV:一色ヒカル)
通称,由美ちゃん
属性,ク―デレお嬢様

黒髪ロング,清楚で寡黙(まぁ,単に不器用なだけかも)
そして,ときたま見せる恥じらいww
もう絵に書いたような,お嬢様属性な彼女.

一番宣伝文句(テーマ)として散々言われてきた‘罪’というイメージにガッちと当てはまるんじゃなかろうか?
さすが,グリザイアの果実www
さすが,ヒロインオブヒロインwwww
さすが,一色ヒカルwwww

プレイする前は
もうピカリンってこと知っていたので
キャラの性格,設定,シナリオとか若干どうでもよかったのですが

実際プレイしてみると,他のどのキャラのシナリオよりも手堅く安定してた.

飛び抜けておもしろい訳でもなく,かといってすげー退屈なシナリオでもなく
丁寧につくられていて,好印象でしたし
起承転結,伏線の張り方,回収も他のルートに比べれば綺麗でした.

また,日常パートでも謎に包まれていた
学園が設立した経緯など,主人公雄二の仕事内容などと
謎が回収されるルートでもあったかな?

では以下から見所というか自分が良かったと思うところを
壮大なネタバレを含みつつ感想を!



日本の経済界を支える東浜グループの社長,榊道昭
そのあと取り娘として存在する榊由美子
この2人の親子関係に焦点に描かれている.

物語の構図を,ちょー簡単に述べると

東浜グループの跡取りとして,いい駒として育てようとする榊父
それに,反発する由美子.
そして由美子に協力する雄二,の図

この由美子が反発する原因が今回の彼女の罪の話に繋がり・・・

物語的には,由美子が跡取りとして男としてではなく,女で生まれてきてしまった.
ということで,存在自体が罪ということでしたが

まぁ,ぶっちゃけ由美子がどうこうと言う訳でもなく
周りの環境が悪すぎたとしか言いようがない.

財閥を守るために家族を顧みず働き,生まれた子が女ということになったら
跡取りとしては使えないということで母,子どもごとほっぽって不倫するわ
さらに追い打ちをかけるが如く,母は寝たきり状態に.

もう不幸としか言わざるおえない.

家族愛に乏しく,1人で悩み抱え支えてくれる人が誰もいなかった.
そんな所に主人公が表れ,徐々に人を信じる心であったり,人に頼ろうとしようとする心を取り戻してく.

主人公,雄二が由美子の心の支えになってく過程には色々あり,主人公補正掛りすぎて
お前カッコ良すぎだろと!!嫉妬しそうになりましたがww

また,物語に彩を与える,遊園地デートのメリーゴーランドのシーンと
ラストの由美子の表情豊かなCG.

グリザイアの果実,全体を通してCGの空気っぷりが目立っていたんですが
この由美子ルートはいいタイミングでCG出してきて,空気よんでて,マジよかったわ.

そして,気が付けば,久しぶりに純愛もの?的な話だったので
クリアし終わったあとなんか妙な心地に落ち着いていた自分がいたのが悲しかったですがね.

そういえば,この由美子ルート
珍しく主人公が活躍したルートだったっていうのも特徴的だった.(マキナルートやってないんどうかわからんが)
この主人公とヒロインに重点を置いて物語が展開し
ヒロインのピンチに駆けつける主人公
王道ですが良かったですね.

若干,導入部分の榊父が由美子をエージェント・スミス(笑)に襲わせる部分の理由づけが謎ちゃ謎でしたが
それを言うのは野暮かww

以上が私情を挟まない感想ー

正直,ピカリンゲーでしたwwwwww
毎回思うけど,演技が抜きんでてる.
俺はあんたに一生ついてくよ姉御!!
あと希少価値の高いロリボイスが割と沢山聞けるのはこのグリザイアの果実だけwwww

さて,残りはマキナのみー
wktkがとまらんww
Secret

プロフィール

Author:dogachi
基本は電波で,私のくだらない日常を描くこの日記
ときたま怪電波を受信し,アニメ,ゲームなどの趣味全開な電波を送信いたします.
また,相互リンクについてはお手数ですが下のカテゴリ欄の‘ドゥガチ取扱説明書’に詳細を記していますので,そちらを参照していただけると幸いです.

ドゥガチの妄想

最新コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

!!応援中!!

『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定

ドゥガチ’s本棚

リンク

検索フォーム