10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある飛空士への夜想曲 上

一週間ぐらい前に読み終えてたのだが,
この所今期のアニメの感想を書き殴ってて後回し後回しにしてて,こんな時期になってたww

そんな訳で今回読んだ本は
‘とある飛空士の夜想曲(上)’

前シリーズの‘恋歌’の終わりがアレだっただけに不安だったのだが,
そんな心配はまったくもってこっちの杞憂だったわwww
実際に読んでみたら序章の部分で,既に最初からクライマックスだったという罠.

時系列的には,追憶のラストからの続きということになるになるんで
追憶で後日談が気になった人に対して痒い所に手が届く仕様になってるかな?

まぁ,後日談というよりも
今巻の夜想曲は,‘とある飛空士の追憶’で海猫を苦しませた
ビーグルの飛空士,千々石にスポットを当てたスピンオフ作品となっているのが特徴的.

このガンダムのギレンの野望みたいな
味方サイドにドラマがあれば,当然,敵方サイドにもドラマがあってだな・・・
ってな感じで,千々石視点からの海猫への想い
そして,一国の国を守るという戦争をしている天ツ上軍の考え方が読みとれて
かなりニヤニヤが止まらなかったわww

また,ヒロインとして
水守美空なる人物が登場してきたが,
シュチュエーションがほぼマクロスなんだが
段々とマクロス縮小版みたいな感じがしてきたわww

で,まだ上巻なのでとりあず先が気になるな

まぁ,オチとしては千々石は戦争では死なないことになってるハズ・・・(確か追憶で最後語り部になってたよね?)

なので,
・天ツ上とレヴァームの戦争がどう集結するのか?
・海猫VSビーグルの空戦
・千々石と水守美空の関係
この3点に着目しつつ下巻に突入すればよいかなー

では,最後に印象に残る文章を記録
‘――――戦場の女神が浮気性なら.―中略―,―――――力尽くでこちらに向かせろ.’by千々石武夫

とある飛空士への夜想曲 上 (ガガガ文庫)とある飛空士への夜想曲 上 (ガガガ文庫)
(2011/07/20)
犬村 小六

商品詳細を見る
Secret

プロフィール

dogachi

Author:dogachi
基本は電波で,私のくだらない日常を描くこの日記
ときたま怪電波を受信し,アニメ,ゲームなどの趣味全開な電波を送信いたします.
また,相互リンクについてはお手数ですが下のカテゴリ欄の‘ドゥガチ取扱説明書’に詳細を記していますので,そちらを参照していただけると幸いです.

ドゥガチの妄想

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

!!応援中!!

『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定

ドゥガチ’s本棚

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。