10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世界より 下

なんてこったww
この下巻で最早別作品になっちまったゾwww

怒涛の展開すぎるwww

そんな訳で長編すぎた貴志祐介先生の
『新世界より』やっとこさ下巻読み終えたんで感想でも・・・

バケネズミ達の反乱,そして悪鬼再来からの,急展開!!

もはや,別作品化していたが,この物語の加速ぷりっはそうそう味わえるものじゃない
これだから小説は読んでいておもしろい!!

それにしても,あとがきにも書いてあったけど
一つの作品で,ミステリー,青春,冒険,伝奇,戦争活劇,近代兵器と・・・
よくもまぁ,色んな要素をごちゃ混ぜにして,ひとつの物語の体をなしているな
普通に編集者が凄いのか,作者が凄いのかようわかりませんww
たぶん,両者ともに凄いんでしょwww

そして,気になっていたオチは
どっちもどっち説・・・・まぁ,SFではよくあるあるパターンに落ち着いていたかな

どちっが正しかったのか?正しくなかったのか?
そんな風に結論を濁して,すきっりしないのが快感ってか,やっぱSFの醍醐味かと
要するに自分で先は考えてみてねww
っていう余韻がやっぱり読んでいてよかったなー.

でもまぁ,この『新世界より』は未来に答えを託す的なシーンがあっただけに
まだポジティブにとらえていいんかな?

1000年後彼女たちの思いは伝わってるんでしょかね.
個人的にはプロローグ的なものが欲しかったかな?

さて,ここから先は愚痴のターンww
誉めてばかりでもおもしろくないしょwww

いやー,面白ったには,面白かったんだが,どうなんだろう?
確かに,このジャンルごちゃ混ぜの物語を描き切ったのはホントに凄かった
この技術はマジで文才ありすぎた.しかし,それだけな感が否めないんだよな・・・

なんか,すげー偉そうなこと言って怒られそうな感じだが

後半になればなるにつれて,状況が突然すぎやしませんかね?
だらだらと状況説明するとか,そういう糞文章は勘弁だが

守と真理恵の扱い,そして,ラストの瞬の扱い・・・・・
これは上・中と色々とあったんで,期待していた自分が悪かったんだが
相当扱いがテキトーってかおざなりってか納得できない部分が多すぎる
もうヒトひねりできただろorz

っていうのが不満点その1

また,呪力という圧倒的な力をもち,今まで敵がいなかった人間が
敵として表れた呪力以上の力,対して何を考え,どう立ち向かうのか?
その辺を中心に描いて行きたかったんだろけど

主人公たちがどうも誘導されすぎて違和感がありすぎる.
倫理委員から場所を指定されたり,主人公の親から色々と暴露されたり

主人公たちが行動して動いているというより動かされている感じがして
ちょっと作為すぎた所が気になったかな?
主人公視点からの上巻みたいなバケネズミの戦闘があれば面白かったんだがな・・・・

と不満をダラダラとーー

そして,最後に言えることは

奇狼丸がイケメンである!!!!
以上ッ!!!!!


最後に印象に残った文章を記録して終了.

‘想像力こそが,全てを変える.’by 全人学級の標語より

新世界より(下) (講談社文庫)新世界より(下) (講談社文庫)
(2011/01/14)
貴志 祐介

商品詳細を見る




ちなみに,どうでもいいけど

この想像力こそが全てを変えるって言葉

自分の大好きな功殻機動隊で

少佐が言っていた一番好きな台詞とかぶるんだよな

「個性とは好奇心から来る」

まぁ,ただそれだけ!!
Secret

プロフィール

dogachi

Author:dogachi
基本は電波で,私のくだらない日常を描くこの日記
ときたま怪電波を受信し,アニメ,ゲームなどの趣味全開な電波を送信いたします.
また,相互リンクについてはお手数ですが下のカテゴリ欄の‘ドゥガチ取扱説明書’に詳細を記していますので,そちらを参照していただけると幸いです.

ドゥガチの妄想

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

!!応援中!!

『グリザイアの楽園』2013.3.29発売予定

ドゥガチ’s本棚

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。